お金を借りる

主婦が4社目借りれる可能性はゼロ!?どうしても借りたい時はどうする?

投稿日:

どうしよう

3社のカードローンを利用している主婦はあまりいないでしょう。

収入がある主婦ならまだしも、専業主婦だと1社でも借りるのは容易ではありませんから、3社以上借りているという人は少ないはずです。

中には4社目の借り入れを考えている主婦もいるようですが、果たしてそれは可能なのでしょうか?

4社目は無理!件数を増やさないで借りる

専業主婦が4社目を借りるのはまず無理です。

借り入れ件数が増えれば増えるほど返済不能のリスクは高くなり、カードローン会社はかなり警戒します。

借り入れ件数が増えたことによって、今まで利用できていたカードローンが利用できなくなるリスクもありますので、4社目の借り入れ自体あまりおすすめできません。

返済実績を詰めば増額して追加借り入れも可能?

借り入れ件数を増やしてしまうと、利息負担が大きくなり毎月の返済が苦しくなります。

借りられる金額を増やしたいのであれば、いま利用しているカードローンの限度額を増額することを検討してみるのも一つの手です。

どのカードローンでも、借り入れ当初の限度額というのは基本的に低めに設定されることが殆どです。

しかし限度額が一度決まってしまったら増やすことはできないというわけではありません。

多くのカードローン会社は、限度額の増額を検討してくれます。

増額する方法は2通りあります。

1つ目は、カードローン会社から増額案内を受け、増額するというもの。

2つ目は、自ら増額審査に申し込みして増額するというものです。

カードローン会社から増額案内が来るタイミングには明確な基準がありませんので、どれぐらい利用していれば良いのかは不明です。

ただ一般的には半年~1年以上利用する必要があると言われています。

いつくるのか分からない増額案内を待っていては間に合わないという場合は、自ら増額審査に申し込んでみると良いでしょう。

増額審査を通過するには?

限度額を上げてもらうよう審査を受けることを増額審査と言います。

増額審査の申し込み方法はカードローン会社によって異なりますが、大体はネットか電話にて行います。

「初回申し込みの審査をクリアしてるから増額は簡単」そう思っている方は案外多いようです。

しかし増額審査というのは、これまでの利用実績も加味されますので初回審査時よりも基準が厳しくなります。

増額審査で重視される項目は下記の2点です。

  • 前回の審査時よりも返済方力がUPしているか
  • 一度も返済遅延をしていないか

限度額を上げるということは、その分返済負担が増えるということでもあります。

増額後も問題なく返済できるだけの収入があることが重要です。

専業主婦の場合は自身に収入がありませんので、配偶者の収入がUPしているかどうかがポイントとなります。

そしてもう一つ重要な要素となるのが返済実績です。

毎月きちんと返済できているとカードローン会社から信頼され、「この人なら増額後もきちんと返済してくれそう」と思われやすくなります。

逆に返済遅延していれば増額は無理だと思ったほうが良いでしょう。

増額する前から約束通り返済できてないわけですから、増額後はさらに返済不能のリスクが高まるためです。

余裕がある時に随時返済を行っていれば、さらに信用を高めることもできます。

専業主婦は利用限度額の上限に注意

カードローンの増額が可能とは言っても、そもそも専業主婦は借り入れ限度額の上限があらかじめ決められています。

カードローン会社毎に上限が設けられていますが、30万円~50万円で頭打ちにしているカードローンが多いです。

上限30万円のカードローンで借り入れ限度額30万円を設定されているのであれば、どんなに利用実績がよくても増額はできません。

増額審査に申し込みする前に、必ず利用限度額の上限を確認しておきましょう。

配偶者名義のローン

困った

生活費のやり繰りのためにカードローンを利用している主婦が多いかもしれません。

しかし一家の生活費を収入のない主婦が、自分名義のカードローンだけで何とかするのはどうしても無理があります。

専業主婦は配偶者名義のローンを増やすことを検討してみてはどうでしょうか?

またカードローン以外のローンの選択肢も考えてみるのも手です。

たとえばどの家庭でもほぼ間違いなくある大きな出費に、車の車検費用があります。

実は車検費用にはマイカーローンを利用することができます。

車検費用を一括で払うとなると、生活費に余裕がなくなってしまいます。

そのために、また新たにカードローンで借りてしまう羽目になれば、返済に追われ苦しくなります。

ローンを組めば生活費に余裕ができますので、無理にカードローンを利用しなくて済みます。

他にも教育費や大型家電購入の際に利用できる専用のローンというのはたくさんあります。

カードローンは使いみち自由という利点がありますが、その為に必要のないものに使ってしまうリスクもあります。

しかし、目的に適した専用のローンであれば使いみちは限定される分、低金利でお金を借りることができます。

カードローンだけにこだわらず、目的ローンで借りられないかを考えてみるのも良いのではないでしょうか?

そして既にカードローンを利用している状態の専業主婦では、新たにローンを組むのは難しいですから、配偶者名義でローンを組むようにしましょう。

まとめ 専業主婦が4社目から借りることはまずできない

専業主婦がカードローンで借りられる件数は2社が限界と言われています。

3社目はもちろんですが4社目はまず無理だと思ったほうが良いです。

限度額の増額で借り入れ可能額を増やすという手もありますが、増額するには審査を通過しなければいけません。

配偶者の収入UP、返済実績の積み上げは非常に重要となります。

どちらか一方でもUPしていれば増額できる可能性がありますので、借り入れ件数を無理に増やさないで増額に申し込んでみると良いでしょう。

カードローンは資金使途に制限がないぶん、金利が高いです。

借り入れ件数を無駄に増やしてしまえば重い利息負担がのしかかってきますので注意しなければいけません。

カードローン以外のローンで借りられないかを検討することも大切です。

増額・4社目の審査に落ちたら稼ぐ方法を考える

借りることができなくて絶望的になるとは思いますが、どうにか解決していかなければいけません。

短期間で、まとまったお金を稼ぐ手段を考えたほうが賢明だといえます。

エロに走ることなく、短期間で稼ぐ方法をこちらでは紹介しています。

 

⇛出会い系サイトで稼ぐ

⇛チャットレディで稼ぐ

 

-お金を借りる
-

Copyright© お金を借りたいけど借りれない専業主婦が工面する方法|主婦NOマネー , 2018 All Rights Reserved.