お金を借りる

主婦でブラックでも借りれる?ブラックでも合法的に借りる方法

投稿日:

ブラックリスト

「ブラックの主婦だけどお金を借りたい」「ブラックOKのところってないの?」

信用情報に金融事故記録をされた状態を巷ではブラックリストと呼ばれています。

一度ブラックになってしまうと、それが消えるまで正規の金融機関からお金を借りることは基本的にできません。

しかし、それでもお金を借りたいという人も少なからずいます。

今回はブラックリスト入りしている主婦でもお金を借りる方法はあるのか解説していきたいと思います。

ブラックOKはあるの?

まず結論から言えば、ブラックでも借りられるカードローンはありません。

理由を簡単に言えば、ブラックの人に貸すメリットが金融機関にないからです。

正規の金融機関であればブラックの人にも貸してくれるところはまず無いでしょう。

では、なぜブラックだと借りられないのでしょうか?

なぜブラックは借りられないのか?理由を理解しよう

どのような状態になるとブラックリスト入りするのかご存知でしょうか?

単にブラックだから借りられないと言われても納得出来ないという人もいるかと思いますので、まずはブラックリスト入りする原因と、なぜブラックだと借りられないのか理由について見ていきましょう。

借入れの利用状況が登録される機関!個人信用情報機関とは

クレジットカード

日本にはCIC、JICC、KSCという3つの「個人信用情報機関」が存在します。

この機関では個人のローンやクレジットカードなど借り入れに関する利用状況が登録されています。

登録されている情報を「信用情報」と言います。

カードローン会社やクレジットカード会社などは各機関に会員として登録し、会員同士は情報を共有することができます。

金融事故記録は3機関すべての会員に開示されますが、それ以外の個人情報は各機関の会員しか確認できません。

個人信用情報機関に登録される情報は主に次のような内容です。

  • 利用者の氏名、住所、電話番号など
  • ローンやクレジットカードの利用状況
  • ローンやクレジットカードなど申込状況
  • 信用情報の利用記録

カードローンに申込むと審査が行われ、この審査を通過しないとカードローンを利用することはできません。

この審査の時に、カードローン会社は個人信用情報機関に登録されている信用情報を利用します。

信用情報が悪いと審査落ちし、逆に信用情報が良好であれば審査通過となります。

ブラック入りする原因

信用情報には毎月の入金状況が2年分記録されます。

期日通りに返済していると入金状況には「$」マークが付きますが、未入金だと「A」マークが付きます。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

状況

A

A

たとえば、上記の例を見ると1月と2月は「A」が記録されていますので、2ヶ月連続で未入金であることがわかります。

そしてこの「A」マークが3ヶ月連続で付くと返済状況に「異動」と記録され、この状態がいわゆるブラックリスト入りです。

他にもブラックリスト入りする原因はあります。

  • 返済日より61日以上または3ヶ月以上の延滞
  • 保証会社による代位弁済
  • 強制解約
  • 債務整理(自己破産、個人再生、任意整理、特定調停)

こうしてみると、なぜブラックの人が借りられないのかが分かるのではないでしょうか?

いずれも金銭的にも実績的にも、返済能力が認められていない人です。

要するに約束通り借りたお金を返せない人ということです。

ブラックリストは一生借りられないわけではない

一度ブラックリスト入りしてしまうと一生お金を借りられない、というわけではありません。

一定期間を経過すると個人信用情報機関から金融事故記録が消去されます。

登録期間は個人信用情報機関により異なります。

金融事故情報の記録期間と個人信用情報機関の関係は下記のとおりです。

 

CIC

JICC

KSC

61日以上延滞

5年

1年

5年

3ヶ月以上延滞

5年

5年

5年

代位弁済

記録なし

5年

5年

強制解約

記録なし

5年

5年

任意整理・個人再生・特定調停

5年

5年

5年

自己破産

7年

5年

10年

 

ブラックOKを謳っている業者から借りてはいけない

ストップ

ネット広告や街中にある貼り紙で「ブラックOK」と書かれたものを見たことがある人もいるかもしれませんが、そのような業者から借りることは絶対にしてはいけません。

あたかも誰でも簡単に借りられるかのような謳い文句を言っている業者は間違いなく違法業者です。

なんとかして借りたいという弱みに付け込んできますので注意してください。

返済で問題を起こしているからブラックリスト入りしているわけですから、業者側からすればそのような人にお金を貸すメリットなんてないのです。

それにもかかわらずブラックOKと言っているのは何か裏があると考える必要があります。

違法業者は、法外な金利で貸し付けたり暴力的な取り立てを行い危険です。

中には申込だけさせて個人情報を売りさばこうとする業者もいます。

違法じゃない!ブラックでも借りられる方法

ブラックリスト入りしている間は正規の金融機関からお金を借りることはまず無理です。

中には中小の消費者金融でなら貸してくれるところもあるようですが、ヤミ金業者が紛れていますので中小で借りるのはおすすめできません。

カードローンは担保も保証人も不要となり、いわば利用者の信用が全てです。

そのため、信用をなくすような行為をすればカードローンを利用できなくなるのは当然のことと言えます。

とは言え、ブラックが解消されるまで待てないという人が殆どかと思います。

そこで1つの方法として「生命保険の契約者貸付制度」があります。

生命保険の解約返戻金の範囲内でお金が借りられる制度です。

契約者貸付制度は解約返戻金を担保にするため、「審査なし」でお金を借りることができるのです。

お金を借りるわけですから返済しなければいけず、そこには利子が付きますが契約者貸付制度の金利はカードローンと比べて断然低いです。

保険会社と加入時期によって利率は異なりますが、だいたい1.50%~6.00%前後とされています。

審査がありませんのでブラック入りしている主婦でも借りることができます。

どうしてもお金が必要で借りなければいけないというのであれば、契約中の生命保険で借り入れを検討してみると良いでしょう。

まとめ ブラックに貸してくれるのは、多くは闇金業者のみ

ブラックリスト入りしている間は正規の金融業者からお金を借りることはできません。

それは専業主婦に限ったことではなく、働いて収入がある人もです。

一度ブラックリスト入りしたとしても永久的に借り入れができなくなるわけではありません。

一定期間が経過すると個人信用情報機関から金融事故記録が消去されます。

以後はまた新たに借り入れすることもできるようになります。

ブラックOKを謳っている業者は違法業者ですから絶対に手を出さないことです。

家族や知人にも迷惑をかけてしまいますので、違法業者に騙されないためにも甘い言葉に引っかからないよう気を付けましょう。

短期間でまとまったお金を稼ぐ手段を考える

短期間でまとまったお金を稼ぐ手段といっても、なかなかそんな仕事やアルバイトはありません。

なぜなら、会社側が中抜きをしていることが多いからです。

短期間でまとまったお金を稼ぐには、中抜きがない稼ぎ方をするのか、中抜きされてもそれ以上に稼げるようになっていることで稼ぐという事です。

その方法は、エロに走ることなく、短期間で稼ぐ方法をこちらでは紹介しています。

 

⇛出会い系サイトで稼ぐ

⇛チャットレディで稼ぐ

 

-お金を借りる
-

Copyright© お金を借りたいけど借りれない専業主婦が工面する方法|主婦NOマネー , 2018 All Rights Reserved.